第2回研究交流会は盛会のうちに終了しました。当日ご参加くださった皆様に厚く御礼申し上げます。

東京学芸大学 小池敏英

大学までの地図・案内図

※ 当日は、日曜日のため 北門・東門は閉まっております。正門にお越しください。

大学内の地図・案内図(PDF)

プログラム

パート1:読み書き困難の背景要因とアセスメントの紹介

1.読み書き困難のアセスメントと支援方略 (小池)
低・高学年での読み書き困難の背景要因の特徴を説明し、学習支援との関係について論じます。

2.『読めた』『わかった』『できた』読み書きアセスメントの紹介 (学芸大 中)
『読めた』『わかった』『できた』アセスメントを効果的に行う上でのポイントについて説明します。

パート2:アセスメントに基づく読み書き学習指導の実践

3.日野市 豊田小 言語障害通級指導学級の実践 (担当教諭)
ことばの教室におけるLD児への「読み書きアセスメント」の活用について紹介します。

4.北区 滝野川小 特別支援教室の実践 (担当教諭)
特別支援教室におけるLD児への「読み書きアセスメント」の活用について紹介します。

5.品川区 源氏前小 特別支援教室の実践 (担当教諭)
体づくり指導と読み書き学習指導を中心とした、巡回指導における指導内容の組立てについて紹介します。

6.東大和市 特別支援教室の実践 (担当教諭)
小学校への就学移行支援と読み書き学習指導の実践を紹介します。

7.都立清瀬特別支援学校のセンター的機能に基づく実践 (特別支援教育コーディネータ)
特別支援学校によるセンター的役割としての読み書き学習支援について紹介します。

8.中学校における効果的な英単語の綴り学習指導 (学芸大 銘苅)
英語の綴り習得に困難を示す生徒への効果的な支援教材・方法について紹介します。

9.効果的な漢字書字指導について (学芸大 竹村)
漢字書字の定着を確実にする「書字のリマインド学習支援」の効果を報告し、新しい指導法を提案します。

10.流ちょうな読みの指導について (NPO法人スマイルプラネット 増田)
ひらがなの流ちょうな読みを促進する指導効果について、読み困難の程度との関係を含めて報告します。

11.一斉指導におけるNPO法人スマイルプラネット教材の活用 (NPO法人スマイルプラネット 成田)
教科書に対応する読み書きプリントの支援効果について、2年生での実践を中心に報告します。

12.効果的な学習教材の紹介 (学芸大 須藤)
ことばの教室における読み書き学習教材の活用について報告します。

協賛 NPO法人 スマイル・プラネット
問い合わせ
お問合せは以下のメールアドレスにお願いします。お返事まで、数日いただく場合があります。
お申し込み
こちらのフォームよりお申し込みください。(別のウィンドウが開きます)

inserted by FC2 system